10.26 講演会「パレスチナと中東で、いま起きていること」

イベント・報告会

10/26(日) 講演会 「パレスチナと中東で、いま起きていること」

川上泰徳 with 古居みずえ

ガザの戦争、シリア内戦、「イスラム国」など、
アラブ世界で起きていることは何なのか。
どのように理解をすべきなのか。
長年、現地で取材を続けてこられた二人のジャーナリストから
お話を聞く貴重な機会です。ぜひ、ご来場ください。

日時 10月26日(日)13:30
会場 中央大学駿河台記念館(東京・御茶ノ水)

講師:川上泰徳氏(朝日新聞記者・前中東アフリカ総局長)
   古居みずえ氏(フォトジャーナリスト・映画監督)

川上泰徳さんからは「アラブの春」以降の地域全体の混乱と現状について、
古居みずえさんからは、今年7月以降、ガザ現地の爆撃下での取材と最新の状況
をお話いただきます。

(イベント詳細)

●日時:2014年10月26日(日)13:30~17:00
●場所:中央大学駿河台記念館 2階280号室(東京都千代田区神田駿河台3-11-15)
(最寄駅)JR:御茶ノ水駅、東京メトロ:御茶ノ水/新御茶ノ水駅、都営地下鉄新宿線:小川町駅
  MAP http://www.chuo-u.ac.jp/access/surugadai/
●参加費:1,000円
●定員:140人(当日先着順となります)
●主催:パレスチナ子どものキャンペーン(NPO法人)

●問合せ先:パレスチナ子どものキャンペーン
 mail:info@ccp-ngo.jp、tel:03-3953-1393

●登壇者プロフィール

【川上泰徳氏】:朝日新聞記者。中東アフリカ総局(カイロ)、エルサレム支局
長を経て、2002年~06年、中東アフリカ総局長。その後、編集委員、論説委員、
機動特派員などを経て、2013年~14年8月まで再度、中東アフリカ総局長。
パレスチナの報道で2002年度ボーン・上田記念国際記者賞受賞。

【古居みずえ氏】:ジャーナリスト・映画監督。アジアプレス所属。
1988年よりパレスチナを取材。
第1回監督作品『ガーダパレスチナの詩』で石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム
大賞受賞。今年7月ガザへの軍事侵攻開始後、9月末まで爆撃下のガザに入り
取材を敢行。