シリア難民支援 ミニ報告会のお知らせ

イベント・報告会

世界各地で戦争やテロ事件が起こり、人々の不安が益々増大する中、シリア内戦では一般市民の犠牲と苦難が続いています。当会では2012年からシリア難民支援を継続していますが、今回は、特に母親が置かれた状況に焦点を当てた報告をします。

シリアからレバノンに逃れてきた難民の約15%は母子家庭といわれます。
今日の食事、明日の住む場所、離散家族の安否、滞在許可、子どもの病気など、 大きな問題を抱える難民の中でも、夫と死別や離散した母親には重い責任がかかっています。

国際的な援助が足りないまま、レバノンには100万人のシリア難民が押し寄せ、その多くは収入がなく、トイレがなかったり水の出ない所で生活をしています。そんななかで不安を抱えたまま出産や育児をしている女性の多くがうつ症状で苦しんでいると私たちの調査でも明らかになっています。こうした女性たちを支えることは、子どもたちの健康や発達にも大きな影響を及ぼしています。

ミニ報告会ではケースワークを交えながら、現地の状況と当会の取り組みをお話しします。参加ご希望の方は、メールもしくはお電話で、当会事務局までご連絡ください。

【詳細】
(第1回)8月6日(土) 15:00-16:00
(第2回)8月17日(水) 18:30-19:30
※2回とも内容はほぼ同じものになります。ご都合の良い方の日程でご参加ください。

●場所:パレスチナ子どものキャンペーン事務所
 (新宿区下落合3-12-23 豊ビル4階、山手線目白駅徒歩8分)
 ※地図はここをクリック  ←ページの中ほどまでスクロールし てください。
●定員:15名(先着順)
●ご連絡先:パレスチナ子どものキャンペーン事務局
(mail)info☆ccp-ngo.jp ←☆を@に代えて送信してください。(tel)03-3953-1393

IMG_0839-1.JPG

(セラピーワークショップを受けた母親たち)