「サラーム」最新号(109号)をアップしました

会報誌サラーム

今号では、シリアからレバノン山間部へ避難してきたパレスチナ家族の暮らし、2014年夏のガザへの爆撃によって負傷し、障がいを負った子どもたちのストーリー、ガザ・サッカー少年の夢「将来はゴールキーパー」、占領から50年たった現状、中東ジャーナリスト 川上泰徳さんによる寄稿「活動30年を振り返る:レバノン(最終回)」も掲載しています。 どうぞご一読ください。

☆ 「サラーム」109号はこちらから

☆ レバノン「食糧支援募金」受付中