アトファルナろう学校支援

(手話で「アイ・ラブ・ユー」!)

ガザには、少なくとも1万5千人以上の聴覚障がい者や、数万人の様々な障がいを持つ人々が暮らしています。障がいがあると日常生活上の不便があるだけでなく、差別や就労の困難などにもさらされます。また戦争などの非常時には、危険情報の入手が遅れたり支援から取り残されがちになります。
パレスチナ子どものキャンペーンは、こうした社会的に弱い立場にある人々を優先的に支援しています。「アトファルナろう学校」支援もその一つです。

活動概要

期間1992年~実施中
地域パレスチナ・ガザ(ガザ市)

1992年、地元の女性たちと、ガザ初のろう学校「アトファルナろう学校」を開校しました。以来、20年以上支援を続けています。
ガザで聴覚障がいを持つ子どもたちには学ぶ機会も福祉サービスを受けられる場所も一切なく、子どもたちは家に引きこもるしかありませんでした。しかし「アトファルナろう学校」ができたことで、子どもたちは手話を覚え、それぞれの能力を開花させて自立できるようになっています。
開校当初、27人で始まったろう学校には、今では3歳から15歳まで、およそ350人の生徒が通学しています。

「アトファルナろう学校」では...

一般の学校と同じような教科学習や、美術、体育などの授業も行われています。また、2005年からは社会参画と自立支援を目的とする職業訓練コースも開始し、70人を超える青少年がパレスチナの伝統刺繍や織物、工芸品の製作、調理、接客サービスの指導を受けています。
ろう学校の卒業生たちは、職を持ち、家庭を持ち、市民としての誇りを持って生活をしています。
その他、聴覚検査や補聴器の修理部門、障がい者家庭へのソーシャルワーク、クラフトショップ、手話講座などの活動も行っており、総合的な専門機関としてガザのろう者のネットワークを支えています。

アトファルナの開校
アトファルナの開校

「家に引きこもって孤立している子どもたちと苦しむ親を何とかしたい」。初代校長・ジェリー・シャワさんが、ろう学校開校当時の様子を語ってくれました。

アヤットの挑戦:アトファルナろう学校から社会へ
アヤットの挑戦:アトファルナろう学校から社会へ

「人生の中で何かを成し遂げられる、自分の道と居場所を見つけられる」。4歳の時に聴力を失ったアヤットは、「アトファルナろう学校」との出会いで人生の可能性を大きく切り開いていきました。

「アトファルナろう学校2016」
幼稚園、小学校の子どもたちと、お父さんの手話教室の様子を動画でご覧ください。


「アトファルナろう学校2016」(YouTube 9分15秒)

聴覚障がいの早期発見と早期支援事業

ガザでは乳児健診が十分でないため、聴覚障がいの発見が遅れ、乳幼児期の適切なケアと支援が行われないままになるケースが多くあります。
2015年、乳幼児の聴覚検査と早期支援事業を開始しました。

聴覚検査の実施

-専門家とソーシャルワーカーが各地域の診療所・幼稚園などを回り、5,000人の子どもを対象に検査を実施。

聴こえに問題がある子どもたちのアフターケア

-脳波測定による聴こえの有無の確認
-子どもと家族の支援
(家族の心理サポート、ろう学校・職業訓練・手話教室などの紹介、家族のための手話講座、など)
-補聴器の提供
-コミュニティの啓発活動
-聴覚障がいのある子どもに対する支援ガイドライン作成


アトファルナろう学校紹介 聴覚障がいの早期発見・早期支援(YouTube 3分57秒)
子どもたちへの遊びを通じた手話教育や母親のワークショップの様子おを紹介します。
atfaluna3.jpg

現地レポート

聴覚障がいの早期発見と支援の事業報告 [サラーム No.105 2016.3.26] (PDF 1.51MB)
アトファルナろう学校で始めた新事業は、子ども本人だけでなく、母親や父親などの家族や地域のコミュニティなどを巻き込んで、変化を広げています。
ガザでの新たな活動:聴覚障がいの早期発見・早期支援 [サラーム No.103 2015.7.18] (PDF 2.71MB)
乳幼児の聴覚スクリーニングや専門的な検査など、新たな取り組みを始めました。
現場からの短信 アトファルナろう学校21周年 [サラーム No.96 2013.6.8] (PDF 0.99MB)
ガザのアトファルナろう学校は、2013年で21周年を迎えました。
アトファルナ・レストラン開店 [サラーム No.95 2013.3.9] (PDF 0.58MB)
2012年10月、ガザ市内に「アトファルナ・レストラン」がオープンしました。働いているのは16人の若いろう者と1人の健聴者。うち5人は女性で、ガザでは女性が働くレストランは極めて珍しいのです。
アトファルナろう学校開校20周年 [サラーム No.92 2012.5.18] (PDF 0.77MB)
2012年、アトファルナろう学校は開校20周年を迎えました。小・中学校、幼稚園、聴覚検査、刺繍・木工などの職業訓練、家庭支援、カフェテリアなど様々なサービスや就労の場を提供し、地域、行政、国連から頼られる存在です。
ガザの子どもの夏休み [サラーム No.90 2011.9.24] (PDF 0.41MB)
アトファルナろう学校のサマーキャンプの様子を紹介します。
ジェリー・シャワ校長来日報告会 [サラーム No.80 2008.7] (PDF 3.75MB)
アトファルナろう学校のシャワ校長が、封鎖が極限状態に達しているガザから来日し、現地の状況を伝えてくださいました。
駐在員がガザから報告します [サラーム No.79 2008.4] (PDF 2.67MB)
2008年4月、前年6月に起きた戦闘以来、物資だけでなく外国人の出入りも厳しく制限されていたガザにようやく入ることができた当会の駐在員による現地の様子についての報告です。