ナワール児童館支援

(ナワール児童館の前で)

ガザ地区では15才以下の子どもが人口の過半数を占めています。
2006年以来続く封鎖で陸の孤島となったガザの厳しい環境は、子どもたちの生活や健康、心理にも大きく影響しています。また6年間で3回もの大きな戦争も、子どもたちに大きな影響を与えています。

活動概要

期間2006年~実施中
場所パレスチナ・ガザ(ハンユニス)
map

ガザの子どもたちが安全な場所で安心して自分を解放でき、たくさんの学習体験をし、自信を持って成長していけるように、「ナワール児童館」を設立しました。以来、長期にわたる支援を継続しています。

「ナワール児童館」とは...

パレスチナ子どものキャンペーンと地元のNGOが協力し、ハンユニスの貧困地区に設立した参加型の児童館です。
児童館には300人以上の地域の小学生が登録し、学校で手薄になっている図画工作、音楽、演劇などの情操教育や、補習、スポーツ、遠足、社会見学などの各種イベントと、多彩な活動に参加しています。また、パソコンや写真・動画、アニメーション制作などの実技体験や、身の回りの社会問題を自分たちで取材し考えるといった、自主性と行動力を養う機会も提供されています。企画やルール作りには子どもも参加することができ、閉鎖的な社会で自分の意見を発信したり、自信を養いながら成長できる場となっています。

また、児童館は地域の母親たちが集い交流できる場所にもなっています。母親を対象に月替わりのプログラムやセッションも行われています。

児童館にこめた願い
児童館にこめた願い

「"難民"、"無国籍者"と言われてきた私たちだからこそ、子どもや若者には個人としての「私」を確立してもらいたい」。ナワール児童館には創設スタッフの強い願いが込められています。

ナワールの子どもたちの作品集

子どもたちが児童館で制作した絵画やアニメーションなどをご覧ください。

ナワールの子どもたちの作品集

ナワール児童館支援

現地レポート

ガザ 子ども支援継続中 [サラーム No.98 2013.11.16] (PDF 0.93MB)
ナワールの子どもたちは、レバノンのアーティストの絵画指導の下、「海はつながっている」という大きな作品を作り、岩手県大槌町の子どもたち(大槌町こどもセンター)にプレゼントしてくれました。
ナワール主導で学校現場が変わる [サラーム No.97 2013.9.14] (PDF 0.68MB)
ナワール児童館では、文化活動だけでなく、学習の基礎を教える「補習クラス」を実施してきました。この経験を学校でも活かしてもらおうと、小学校教員への研修を通じて実際に学校現場で活用してもらっています。
ガザ・ナワールセンター 子どもから子どもへ [サラーム No.94 2012.11.17] (PDF 0.72MB)
多彩なプログラムを子どもたちに提供し、図書館、コンピューター室、公園などの役割も果たしているナワール子どもセンターの活動をご報告します。
ガザ ナワール子どもセンター:冬休みイベント [サラーム No.91 2012.2.18] (PDF 0.74MB)
ナワール子どもセンターの冬休みイベントの様子を紹介します。パラシュートゲームや宝探しなどで盛り上がりました。
ガザ ナワールセンターの子どもたちが書いた作文から [サラーム No.88 2010.11.20] (PDF 1.72MB)
ナワールの子どもたちが「うれしいこと、悲しいこと」というテーマで書いた作文を紹介します。
ガザ ナワール子どもセンターの活動 [サラーム No.86 2010.5.8] (PDF 2.32MB)
ナワール子どもセンターの特徴は、子ども参加型、多彩なプログラム、音楽や演劇の要素など。活動の様子を所長のアマルさんに聞きました。