w2019.jpg

今年も越冬募金へご協力よろしくお願いいたします

パレスチナやレバノンで子ども達とその家族が厳しい冬を健康で安心して過ごせるように、今年も特に脆弱な世帯への燃料配布を行います。

 国連パレスチナ難民救済機関(UNRWA)が厳しい財政状況にある中で、その支援に頼って生きるパレスチナ難民は、これまでにない危機に瀕しています。
 また、レバノンの経済状態がここ数カ月で急激に悪化し、レバノン全土で毎日のように、新たな課税や増税などを進める政府に抗議する動きが続いていて、パレスチナ人シリア難民3万人と地元のパレスチナ難民20万人の生活が追い詰められています。
3w19.jpg 特に、パレスチナ人シリア難民の多くは、冬季零度以下になる山岳部に生活しているため、越冬支援が命綱です。昨冬は、テントやバラックに住む人々を大寒波が襲い、凍死者や洪水による死者が出ています。
 当会では2013年より継続して燃料や食糧の支援をしてきました。昨年は皆様のご支援で特に脆弱な世帯1,600世帯以上(約8000人)に燃料を届けることができました。誠にありがとうございました。
 難民の生命を守り、少しでも安心した生活ができるよう、ぜひ今年も越冬支援にご協力をお願いいたします。
 台風15号、19号などで被災された方たちが多くおられる中、ご協力をお願いするのは心苦しいところではありますが、どうぞご支援をよろしくお願い申し上げます。

【活動レポート】

詳細は、こちらをご覧ください。
  • 越冬支援のお礼と報告[サラームNo.114 2019.2](PDF 1870KB)

    ・いのちをつなぐ越冬支援[サラーム No.111 2018.2]

    ・命綱の越冬支援 [サラーム No.108 2017.2.18] (PDF 2290KB)

    キャンぺーン募金はこちらから

    レバノンの越冬支援

    支援が行き届きにくいレバノン山間部。冬は、積雪もあり氷点下の日々が続きます。テントなどで充分な暖房施設がない中で、シリア難民が無事に冬を生き抜くための越冬支援が必要です。彼らの声をお聴きください。

    **越冬支援 (YouTube 1分14秒)**

    キャンぺーン募金はこちらから