世界の難民、4人に1人がパレスチナ難民

1948年、イスラエルの建国宣言を受けて第1次中東戦争が勃発しました。200以上の村が破壊され、70万人以上のパレスチナ人が故郷と家を失いました。これを、パレスチナでは「ナクバ」(破局)と呼んでいます。周辺諸国に逃れたパレスチナの人々は、以来「故郷への帰還」を切望しながら、70年にわたり難民として生活してきました。
当初70万人だった難民は、避難先で三世代、四世代目となり、今や約500万人に達して世界で最も大きな難民グループとなっています。UNHCR(国連高等難民弁務官事務所)が発表している世界の難民総数およそ2,000万人に照らすと、実に4人に1人がパレスチナ難民です。

国連とパレスチナ難民

パレスチナ難民は、1947年の「国連パレスチナ分割決議」に端を発して生まれました。
一般的に世界の難民はUNHCRの管理下にありますが、パレスチナ難民の発生はUNHCRができるよりも前になるため、UNRWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)の管理下におかれています。また「国連難民条約」の適用も受けられないため「保護」されることが少なく、軍事的な脅威にもさらされやすいと言えます。
国連総会は1948年に、「故郷に帰還を希望する難民は可能な限り速やかに帰還を許す、そう望まない難民は損失に対する補償を行う」とする決議194号を可決しています。しかしイスラエル側は社会的・政治的不安定を招くとして、一貫してこれを否認しており、これまでに故郷に戻れたパレスチナ難民はほとんどいません。

各国での生活

周辺国に逃れたパレスチナ難民の多くは、無国籍の状態で、難民キャンプで暮らしています。
当初、一時的なものとして造られた簡易な難民キャンプの住まいは、無理な建て増しと老朽化で劣悪な環境になっています。また、人口密度が高く、電気や上下水道などのインフラも不十分です。
国によって異なりますが、難民は貧困や差別だけでなく、市民権を得られなかったり就業制限を課されるなど、様々な規制を受けながら生活しています。義務教育と一次医療は国連が提供していますが、予算は年々縮小し、支援が行き届かない状況になっています。

レバノンのパレスチナ難民

レバノンのパレスチナ難民

(左:電線と配水管が絡み合う難民キャンプ内の通り
右:かろうじて日光が届く場所で物干し)

レバノンのパレスチナ難民キャンプは、70年前に作られた当時にタイムスリップしたような、陽も差さず密集した場所です。頭上には盗電の電線が蜘蛛の糸のようにめぐらされ、足元には下水が流れ、毎年多くの感電死亡事故が起こっています。キャンプの出入りには軍隊の許可が必要です。
レバノンに逃れたパレスチナ難民は、他国に比べても特に過酷な生活を強いられてきました。
貧困や差別だけでなく、市民権を持てないため教育や保健へのアクセスもなく、厳しい就労制限が課せられています。パスポートも持てず、不動産の所有も認められていません。レバノンに帰化することも、第三国に移住することも難しいのです。また、たび重なる戦火と虐殺事件にも見舞われています。

瓦礫となった難民キャンプ

1975年から15年続いたレバノンの内戦も、パレスチナ難民に大きな災禍をもたらしました。内戦に巻き込まれた犠牲者の他、1982年にはイスラエル軍のレバノン侵攻があり、ベイルートの難民キャンプでパレスチナ人・レバノン人千人以上が殺害されるなど、合計2万人以上の犠牲者が出ました。その後も難民キャンプの包囲などが起き、"パレスチナ人"というだけで多くの市民が殺害されました。
2007年には、北部のナハルエルバレド難民キャンプに住み着いたイスラム武装グループが、レバノン軍と3か月間にわたる戦闘を行いました。キャンプは瓦礫となり、4万人の住民が家財、仕事、思い出など一切を失いました。
レバノン国内ではこれまでに3ヵ所の難民キャンプが廃墟となり、1ヵ所が居住できない状態となって放棄されています。

レバノンでの支援活動を見る

"二重難民"となったシリアのパレスチナ難民

二重難民となったシリアのパレスチナ難民

(シリアからレバノンに避難し、二重難民となったパレスチナ人家族。奥の老人はパレスチナ生まれ)

2011年以降、内戦状態のシリアから隣国レバノンに多数の難民が流入しています。その中には、かつてパレスチナからシリアに逃れ、再びシリアの戦火からレバノンに逃れた多数のパレスチナ人がいます。
「二重難民」となったパレスチナ人は、同じシリアからの難民であっても、シリア人とは扱いが異なり、国境の通過を制限されて家族が離散したり、滞在許可が取れないなど、更なる苦境に立たされています。
国連の調査によると、シリアから逃れてきたパレスチナ難民世帯の45%が1日1食で暮らし、91%の子どもが必要な栄養を摂取できていない状態にあります。

シリア難民支援の活動を見る