【STORY①】ガザ在住のファデルさんの話を紹介します

2021年

fadel family.jpg

先日のオンライン報告会でご報告したガザ在住のファデルさんのストーリーを紹介いたします。

ガザ市シジャイア地区に住むファデルさん(写真左端)。
2014年(当時14歳)の時に戦争に巻き込まれ、爆弾の破片が右脚に刺さる大けがをしました。

当会のリハビリ支援、補助装具の提供を受け、現在、20歳。
厳しい現状を語っていただきました。

詳細は、レディーフォーの新着情報をご覧ください。

https://readyfor.jp/projects/ccp-ngo/announcements/174508

ガザでは、失業率が49%と高く、特に若者の失業率は70%近くにものぼるといわれています。健常者でも難しい就業、障がいをもつ人たちにとってはとても高いハードルです。当団体では、障がい者へのリハビリ支援の一環で、若者への職業訓練も行っています。

  • ガザ攻撃後の緊急支援開始のご報告 2021年
    (写真:アトファルナでのサポート活動) 5月20日の停戦から1か月が経とうとしていますが、先日も空爆があるなど緊迫した情勢は続き、安心して暮らせる状況とは言えません。 皆様のご協力のもと、まず「アト...
  • 【ガザ:心理サポートを開始しました】 2021年
    ガザでは、心理士が家庭訪問をして、心理サポートを開始しました。カラムくん(7歳)の家でも、本人とお母さんの体験を傾聴し、サポートをしています。「『早く終わってほしい。本当に怖い。死にたくないよ。家が落...
  • 5/11 国連の声明 2021年
    以下は、5月11日に発表された「国連総会の下にあるパレスチナ人の不可侵の権利行使のための委員会」(General Assembly Committee on the Exercise of the I...
  • 【食料不足のなかで迎えるイースターやラマダン】 2021年
    上)ラマダンのご挨拶 レバノン「子どもの家」より 4月、キリスト教徒はイースターを迎え、イスラム教徒はラマダン(断食月)に入りました。ラマダンの間、日没後の食事を「イフタール」と呼び、ナツメヤシやフ...
  • コロナ禍のガザ地区で 2021年
    (写真 左:アトファルナろう学校の朝 右:ナワール児童館絵画クラス)  新型ウィルス感染予防対策に追われて一年が過ぎようとしています。パレスチナでもインフラやネット環境が十分ではない状況のなか、学校...
  • レバノンでの食料配布と障がい者支援 2021年
    コロナの感染拡大により1月14日からレバノンは再度ロックダウンに入りました。今回は大型のスーパーも閉まるため、駐在員も買物に行ったらパンや肉が品切れ状態だったと報告しています。難民キャンプ内も同じ状...
  • 【レバノンからの報告】食糧・燃料配布実施中 2020年
    秋の訪れを告げる降雨は遅かったものの、11月に入ると豪雨に見舞われ、12月5日には半世紀ぶりにベイルートで雹が降るなど、この冬も厳しい寒さが予想されています。 経済危機やコロナ禍、そして8月の爆発事...
  • レバノンでの食糧配布 2020年
    9月中旬から下旬にかけて、レバノン山間部でパレスチナ人シリア難民を中心とする1500世帯に食料配布を実施しました。人々の困窮状態がさらに悪化する中での支援は大変に喜ばれました。10月にはベイルートな...
  • ガザ地区でコロナウィルス感染が拡大 2020年
    軍事封鎖下にあるガザは、人や物資の移動が厳しく制限されています。世界中でコロナウィルスが猛威を振るう中、特別な許可がある人しか出入りできないガザ地区では、外から入る人は全員、検査を受け陰性でも21日...
  • レバノンの日本駐在員・現地職員・現地提携団体スタッフは無事です 2020年
    8月4日レバノンの首都ベイルート中心部に近い港湾地区の倉庫で、大規模な爆発が発生し、死者100人以上、負傷者4000人以上。30万人が家を失ったと言われます。幸い当会の日本人駐在員と現地職員は事件にま...