8/6(金)第9回駐在員オンライン報告会「ベイルート大規模爆発事故から1年、支援活動と最新情報(レバノン)」行います

イベント・報告会

0806_3.jpg

昨年8月の首都ベイルートでの大規模爆発事故から1年。
政治は混迷を極め、経済危機が悪化する中、レバノンで暮らす人々の多くは苦しい生活を余儀なくされています。
レバノンポンドは2年前の15分の1に下落したため、物価は10倍以上になり、
庶民は食料や燃料、頭痛薬さえ手に入れることが難しく、7月20日に始まったイスラム教の犠牲祭でも、羊肉の値段は7倍以上になり、食肉業者さえ食べることが難しいそうです。

また、一時は1日100人以下に落ち着いていた、新型コロナウイルスの陽性者が1日に400から500人になってきて、感染拡大も深刻です。

レバノン在住の当会駐在員より、大規模爆発事故から実施してきた支援活動や昨今のレバノンの状況について報告します。
皆さまのお申し込み・ご参加お待ちしております。
【日時】2021年8月6日(金)20:00~21:00
【場所】オンライン(Zoom)
【定員】80名
【参加費】無料
【お申込締切日】~2021年8月6日(金)17時まで
【お申込方法】
 passmarketの専用お申し込みサイトからお申し込みください。
 開催前日までにご参加用のURLを送らせていただきます。
※passmarket経由でのお申込みが難しい場合は以下にお問い合わせください。
連絡先アドレス:event@ccp-ngo.jp

※オンラインイベントのため、パソコンやタブレット、スマートフォンなどの端末と、インターネット環境が必要です。