【ガザ:心理サポートを開始しました】

2021年

ガザでは、心理士が家庭訪問をして、心理サポートを開始しました

カラムくん(7歳)の家でも、本人とお母さんの体験を傾聴し、サポートをしてい
ます。

「『早く終わってほしい。本当に怖い。死にたくないよ。
家が落ちてきて死ぬのはいやだよ。ママ、生きたいよ』と、息子は泣いていまし
たが、私はどうすることもできず、無力感で悔しかったです」と、お母さん。

カラムくんは、生後8か月のとき、治療ミスで腰椎に傷を受け、骨盤が変形し、
成長機能障がいがあり、昨年から当会の支援でリハビリを受けています。

ガザでは、人口の半数約100万人が15歳以下ですが、そのうち「PTSD(心的外傷
後ストレス障害)」を抱える子どもたちが、約34万人以上いるといわれています。

特に障がいを抱える子どもたちは、避難にも困難を抱え、トラウマが多く見られ
ます。当会では、こうした子どもたちへの心理サポートを開始しました。

パレスチナ子どものキャンペーンは、認定NPO法人です。年間2,000円以上のご寄付は税金控除の対象になります★

クラウドファンディング挑戦中★

https://readyfor.jp/projects/ccp-ngo/